Microsoft との新たな提携で共同作業の機会を拡大

カテゴリ: ニュースリリース ,パートナー ,製品情報 ,記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2014 年以来、Dropbox はユーザーの業務をシンプルにすることを目指して Microsoft と連携してきました。この度、Microsoft Teams および Microsoft Office 365 との新たな提携を結ぶことをここに発表します。この提携は、両社の長期的な共同作業における大きな節目となるでしょう。本日は、Dropbox のコンテンツを Teams に組み込む方法をご紹介します。Teams とは Office 365 のチャット ベースのワークスペースであり、デスクトップ版の Microsoft Office ユーザーを対象としています。

 

 業務にチャットを取り入れる

社内外を問わず、さまざまなチームと共同作業をする機会が増える中、どこにいても、あらゆるアプリケーションやデバイスにわたって同期状態を保つことのできる新しい方法が必要とされていました。これこそが、Dropbox が Teams と提携する理由です。私たちが目指したのは、会話を中断することなく、作業に関するフィードバックをより簡単に閲覧、共有、収集できるようにすることです。

「当社のエコシステム パートナーである Dropbox をストレージの選択肢として、Office 365 を基盤とした Microsoft Teams のプラットフォームに組み込めたことに対し、大きな期待を寄せています」。こう語るのは、マイクロソフト コーポレーションの Microsoft Teams 担当ジェネラル マネージャー、ブリグ・サリーン氏です。「Dropbox と提携することで、Microsoft のユーザーは Teams で追加のストレージ オプションを選択できるようになるため、使い勝手が向上します。」

管理者が統合を承認すると、ユーザーは Dropbox フォルダをチャネルに追加できるようになります。そこからファイルをアップロードして会話を行ったり、Teams で共有している Dropbox フォルダに Office ファイルを直接作成したりすることが可能です。

 

 Office コンテンツへのアクセスと保存が容易に

Windows ユーザーはまもなく、デスクトップで Office ファイルを保存する時に保存先に Dropbox を指定できたり、Dropbox 内の Office ファイルをデスクトップで直接開くことができるようになります。この新しい連携機能は数週間後から利用できるようになり、Office から Dropbox ファイルへの直接的なアクセス、保存、共有が簡単に行えるようになります。

 

共同作業を向上

Dropbox は Microsoft と連携して、チームがチャット形式でコンテンツを共有し、職場での共同作業をよりスムーズに行えるようサポートします。こうした提携により、コンテンツを共有しやすくなり、さまざまなチームとあらゆる方法で共同作業ができるようになります。Office 365 のユーザーには自動的にアクセス権が付与されます。既存の Teams ユーザーは特別な操作は必要ありません。

提携についての詳細は、Microsoft パートナー プロフィールをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着記事New at Dropbox