Dropbox、プロジェクト管理ツールのTrello と連携

コンテンツとツールを一か所に集約することで、プロジェクト管理をより容易に

  • 0
  • 0
  • 5
  • 0

2019年11月14日 – 世界初のスマートワークスペースを提供する Dropbox(NASDAQ:DBX)の日本法人である Dropbox Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 :五十嵐 光喜)は、本日、Atlassian 社のプロジェクト管理ツール、Trello との新たな連携を発表しました。

複数のプロジェクトを行き来しながら一人ですべてのタスクを着実にこなすのは、大変困難です。ましてや、チーム メンバー全員の足並みを揃えるのはより複雑となります。このような問題を解消するため、Dropbox では、ユーザーの皆さまが日常的に使っているさまざまなツールを「スマート ワークスペース」に集約できるよう取り組んでいます。

今年 6 月、Dropbox は、Atlassian の製品を Dropbox と統合するため、同社とのパートナーシップを発表しました。その成果の一つとして、同社のプロジェクト管理ツール Trello との新たな連携を開始する運びとなりました。これは、チーム メンバー全員の連携とプロジェクト管理をこれまでよりも簡単にするための取り組みです。Trello は、チームでの効果的な共同作業に欠かせない柔軟性をもたらすツールとして高く評価されています。その Trello と Dropbox が連携されることで、プロジェクト管理とコンテンツへのアクセスが 1 か所に集約され、コンテンツで作業しながらプロジェクトのタスクをこなすことが可能になります。
Dropbox と Atlassian のパートナーシップによる最初の成果である今回の連携により、チーム メンバーがアプリの切り替えに費やす時間を減らすことができます。Trello を Dropbox アカウントにリンクすると、次のことが可能になります。

Dropbox のコンテンツを Trello カードに追加

コンテンツへのリンクをコピーして貼り付ける代わりに、Dropbox の新しいデスクトップ アプリまたは dropbox.com から直接コンテンツを Trello に送ることができます。Dropbox の画面を表示したまま、Trello の既存カードまたは新規カードにファイルを追加できるので、アプリを切り替える必要がありません。これにより、作業の手間を減らせるほか、常に最新のコンテンツを Trello カードに添付しておけるようになります。また、ファイルのアクティビティ フィードに表示される Trello イベントで、チーム メンバーによるコンテンツの利用状況を確認することもできます。

Dropbox のコンテンツを Trello でプレビュー

Dropbox のファイルを Trello カードに添付すると、そのファイルのプレビューが自動生成され、すべてのメンバーが Trello の画面でプレビューを参照できます。
175 種類以上のファイル形式に対応しており、専用のソフトウェアは一切必要ありません。つまり、Photoshop がなくても PSD ファイルを、PowerPoint がなくても PPTX ファイルを表示できます。また、プレビューしたファイルを Microsoft Office Online や G Suite などのオンライン ツールで直接開くことも可能です。ここでファイルに加えた変更は Dropbox に保存されます。

複数のコンテンツを一覧表示

Trello カードに追加した Dropbox のファイルはサムネイルとして表示されるので、わざわざクリックしなくても共有コンテンツの中身を簡単に把握できます。
さらに、コンテンツへの共有リンクをサムネイルから直接コピーすることもできます。

今回の連携は、コンテンツとツールを 1 か所に集約し、ユーザーが重要な作業に集中できるようにするという Dropbox の取り組みをさらに拡充するものです。
Dropbox と Trello のインテグレーションは、本日より順次適用され、すべての Dropbox プランでご利用いただけます。ぜひ Trello と Dropbox のアカウントをリンクしてご利用ください。

なお、Atlassian とのパートナーシップにより、他の計画も実現していく予定ですので、どうぞご期待ください。

Dropboxを活用してビジネスの効率を上げる為のコンテンツ