Dropbox のカメラアップロードでスマホの写真を簡単バックアップ

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3

スマホで写真を撮るのって楽しいですよね!

友人たちとの旅行写真や、子供の成長を感じられる写真など、大切な写真はしっかりバックアップしておきたいものです。パソコンに接続したりする作業が面倒で全く保存してない…という人も多いかと思いますが、そんな面倒くさがりさんに打ってつけの超簡単なバックアップ方法があります。

Dropbox のカメラアップロード機能を活用すれば、スマホで撮影した写真や映像を、とても簡単な手順でインターネット上にバックアップできます!本体紛失や機種変更時でも安心ですし、スマホの写真や映像をパソコンですぐ使えたり、スマホの容量を増やすにも効果的です。

こちらの記事では、カメラアップロードの仕組みやよくあるトラブルや質問、基本となる導入方法について解説していきます。

目次

1. カメラアップロードってなに?
2. 3 種類のアップロードを使いこなす設定方法
3. カメラアップロードのよくある疑問やトラブルを解決!
4. Dropbox アプリでカメラアップロードを始める方法
5. モバイル端末やデジカメをパソコンに直接つないで写真をアップロードする方法
6. まとめ

1. カメラアップロードってなに?

1-1.スマホの画像と映像を Dropbox へ簡単アップロード保存

dropbox-cameraupload-01
この機能を有効にすることで、iPhone や Android などのスマートフォンやタブレットで撮影や保存した画像や映像を、簡単な操作で自分の Dropbox 内カメラアップロードフォルダにコピーできます。

カメラアップロード機能が Basic アカウントで変更されることになりました。2016 年 7 月 22 日より、カメラアップロードは次の操作のどちらかを行わない限り、ご利用いただけなくなりますのでご注意ください。

パソコンをリンクする:Dropbox デスクトップ アプリをダウンロードおよびインストールしてください。これにより、パソコンで Dropbox Basic のアカウントに保存されている写真や動画の整理、削除を行えるようになるので、今まで以上にカメラアップロードした写真などを管理しやすくなります。

Dropbox Pro にアップグレードする:Pro が提供する 1 TB(1,000 GB)の容量があれば、すべての写真を 1 か所で保管することができます。この機会にぜひご検討ください。

1-2. カメラアップロードのメリット

1-2-1. 画像や映像をバックアップできる

写真や映像の中にはずっと残しておきたいものもたくさんありますよね。でもスマホ本体が壊れたり、データが飛んでしまったらファイルはすべて消えてしまいます。また、機種変更をしたら、新しい端末にはそれらファイルはありません。

しかし、カメラアップロードを使って残しておきたいファイルを Dropbox 内に写真を保存しておけば、パソコン、スマートフォンの機種変更をしても写真は Dropbox に保存されているため、いつでもアクセスできます。

1-2-2. パソコンで画像や映像を活用するのが楽

スマホで撮影した画像をブログや SNS に貼り付けたり、映像を YouTube などにアップロードする作業をパソコンから行う際、カメラアップロードでファイルを Dropbox にアップし、パソコンと同期させておくとはかどります。パソコンでそのままファイルを使用して作業できるからです。

1-2-3. スマホの保存領域を空けられる

画像や映像は限りあるスマホの保存領域を圧迫しがちですが、Dropbox にファイルをアップロードしておけば、スマホ側のファイルを消去することができます。

2. 3 種類のアップロードを使いこなす設定方法

スマホから Dropbox アプリを用いたカメラアップロードには、3 パターンの設定があります。それらの変更は以下の手順で行います。iOS の Dropbox アプリで解説しますが、Android アプリでも流れは同じです。

(1)Dropbox アプリを起動し、右下の設定アイコンをタップする

dropbox-cameraupload-02

(2)「カメラアップロード」をタップする

dropbox-cameraupload-03

(3)カメラアップロードの設定画面で設定

dropbox-cameraupload-04

2-1.(A)Wi-Fi 接続時のみ

カメラアップロード設定画面の 3 つあるスイッチのうち、一番上の「カメラアップロード」のみオンになっていると、使用できる Wi-Fi 環境(契約している携帯回線以外の無線 LAN)がある場合のみ、 Dropbox アプリを起動するとカメラアップロードが実行されます。

2-2.(B)Wi-Fi+通信会社の回線

Wi-Fi だけでなく、自分が契約している通信会社の回線(docomo、SoftBank、au などのデータプラン)でも、カメラアップロードを行います。ただしデータプランでは、サイズが大きい動画は通信量が激増することを考慮してアップロードされません。動画をアップするためには Wi-Fi 環境が必要です。

こちらの設定でも、アプリを起動したときにまだアップされていない画像があればアップロードが始まります。

2-3.(C)Wi-Fi or 通信会社の回線+アプリを開かずアップ

アップする回線は Wi-Fi+通信会社なのは上と同じですが、アプリを起動していなくても自動的にアップロードが実行されます。

dropbox-cameraupload-05

この設定はスマホの位置情報機能を使用します。アプリを起動していなくても(バックグラウンド)、スマホの現在地が変化するタイミングで送信が行われるため、位置情報機能をオンにする必要があります。iPhone なら、設定 → プライバシー → 位置情報サービス → Dropbox を有効という手順を踏むことで、この設定をオンにできます。

ただしこの機能は位置情報機能を常時使い続けるため、バッテリーの消費量も上がります。

3. カメラアップロードのよくある疑問やトラブルを解決!

3-1. アップロードを中止したい

カメラアップロードをオフにし、さらにスマホアプリと Dropbox からログアウトすることで、それ以上のアップロードを食い止められます。再度のログインはすぐに行えます。

dropbox-cameraupload-06

dropbox-cameraupload-07

3-2. Dropbox やスマートフォンから写真を消したらどうなる?

カメラアップロードは、画像や映像がスマートフォンやタブレットから一度だけ Dropbox にコピーされる機能です。よって、アップロード後にカメラアップロードフォルダ、あるいはスマートフォン側の画像保存場所でファイルを移動させたり、消しても、もう一方のファイルには影響しません。

ただしスマートフォンの Dropbox アプリの中でファイルを操作すれば、もちろん Dropbox 内のファイルは変化します。

3-3. アプリを消しても写真は消えない?

Dropbox アプリを消しても本体に保存されている写真には影響がありません。

3-4. スマホを機種変更する場合は?

新しいスマホに Dropbox アプリを導入し、すでに使っているアカウントにログイン、カメラアップロードを有効にすれば、以後撮影された写真は今までと同じカメラアップロードフォルダに保存されていきます。

3-5. スマホの電池の減りが速くなったような…

カメラアップロードを利用すると、しないときよりは電池使用量は増えます。ひとまずバックグラウンド送信がオンになっているなら、一度機能を停止してみましょう。

3-6. 写真がアップロードされない

写真がアップされない原因は以下のパターンが考えられます。

  • 電池残量が少ない(電池残量が少ないときは、充電状態でないとアップロードされない仕様になっています)dropbox-cameraupload-08
  • カメラアップロードがオンになっていない
  • データプランでのアップがオンになっていない
  • スマートフォンの通信設定がオフになっている
  • Dropbox の容量がいっぱい(3-8. の方法で解決できます)

3-7. 動画がアップロードされない

画像がアップロードできるのに動画がアップロードできない場合は、Wi-Fi 環境でないため実行できていない可能性があります

3-8. カメラアップロードで保存した写真が Dropbox をインストールしているパソコンのハードディスク容量を圧迫しているケース

カメラアップロードで保存した写真と動画がパソコンに自動的に同期することで、パソコンのハードディスク容量を圧迫していると感じた場合は選択型同期を実施してください。

選択型同期でカメラアップロードのフォルダの同期を外すと、パソコンからカメラアップロードのフォルダのデータが削除され、同期もされなくなるのでハードディスク容量を圧迫しません。

ただ、大事な写真は Dropbox 上に保存されているので、Dropbox.com のウェブサイトやスマートフォンの Dropbox アプリからいつでもアクセスができます。

選択型同期の設定は次の通りです。

<選択型同期の設定方法>

パソコンのデスクトップアプリケーションの設定画面から行います。

(1)タスクバーにあるデスクトップアプリケーションのアイコン(Dropbox のアイコン)をクリック、そこから右上の歯車アイコンをクリック

dropbox-cameraupload-21

(2)表示されたメニューから「基本設定」を選択、「アカウント」をクリック

(3)ウインドウ中央の「選択型同期」ボタンをクリックすると Dropbox フォルダ内のどのフォルダを同期するのかを選択できる

(4)設定が完了したら「更新」ボタンをクリック、最後に「OK」をクリックする

dropbox-cameraupload-22

4. Dropbox アプリでカメラアップロードを始める方法

4-1. iPhone の場合

(1)App ストアのアプリを起動し、検索欄に「Dropbox」と入力し、表示される Dropbox を選択

dropbox-cameraupload-09

(2)表示される Dropbox のアプリをダウンロードする

dropbox-cameraupload-10

(3)「ログイン」をタップ。まだアカウントがない場合は「登録」をタップ

dropbox-cameraupload-11

(4)ログイン後にこの画面で「カメラアップロードをオン」をタップ

dropbox-cameraupload-12

4-2. Android の場合

(1)Google Play で Dropbox を検索し、表示される Dropbox を選択

dropbox-cameraupload-13

(2)表示される Dropbox アプリをインストール

dropbox-cameraupload-14

(3)「ログイン」をタップ。まだアカウントがない場合は「登録」をタップ

dropbox-cameraupload-15

(4)ログイン後にこの画面で「カメラアップロードをON」をタップ

dropbox-cameraupload-16

5. モバイル端末やデジカメをパソコンに直接つないで写真をアップロードする方法

これまで紹介してきたのは、スマホやタブレットなどを無線でインターネット接続し、 Dropbox に画像や映像をアップロードする方法でした。この他に、モバイル端末やデジカメを直接パソコンに有線接続するやり方もあります。無線接続とくらべて、高速に転送することが可能です。

(1)Dropbox デスクトップアプリケーションのアイコンをクリック

dropbox-cameraupload-17

Dropbox デスクトップアプリケーションのインストールがまだの方は「約 5 分で完了!Dropbox のインストール方法を画像付で解説」をご確認ください。記事タイトルの通り、すぐにできますよ!

(2)設定アイコンをクリックし、表示される「基本設定」をクリック

dropbox-cameraupload-18

(3)「インポート」タブをクリックし、「自動再生設定を変更」をクリック

dropbox-cameraupload-19

(4)「すべてのメディアとデバイスで自動再生を行う」にチェックを入れ、ピクチャとビデオファイルそれぞれを「写真と動画をインポート-Dropbox使用」を選択すると、写真や画像が保存されている端末をパソコンに接続したとき、Dropbox にそのままファイルを送信することができます。

dropbox-cameraupload-20

6. まとめ

カメラアップロードを縦横無尽に駆使することで、様々なメリットを体感できるはず。頻繁に撮影する方ほど、その効果は高いといえます。まだ未導入なら、まずはアプリをインストールしてみてください。

Dropbox 社員たちの Dropbox の使い方
ebook 無料ダウンロード

Dropbox 社員たちが Dropbox を仕事でどのように使って、仕事効率を上げているのか気になりませんか?
5人の Dropbox たちの使い方をまとめた ebook を無料でご提供させていただきます。
是非ともダウンロードください。
ebook_icon_small

ebookをダウンロード

PAGETOP