新しい iOS 11 対応の機能で、どこからでも共同作業に取り組んで時間を節約

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2

iOS 11 が間もなく登場することを受けて、弊社では新機能の開発を精力的に進めています。iOS 11 で新たに導入されるファイル アプリ、HEIF 形式の写真、HEVC 形式の動画は Dropbox ですべてサポートされるため、どこにいても簡単に共同作業に取り組んで時間を節約できます。新しい Dropbox では、次のことができるようになります。

iOS から Dropbox にアクセス

iOS 11 の新しい「ファイル」は、デバイスや Dropbox に保存されたすべてのファイルを 1 か所でまとめて参照できるアプリです。フォルダの編集、移動、名前の変更、アップロード、作成のほか、ファイルのダウンロードもファイル アプリから直接行えます。個人用とビジネス用の Dropbox アカウントを持っている場合は、両方のアカウントをファイル アプリで参照できます。

また、Dropbox アカウントをファイル アプリに連携させれば、アプリの機能をさらに拡張できます。この統合により、OS 全体で Dropbox のファイルがアクセス可能になります。

たとえば、今後は iOS 対応のサードパーティ アプリからも Dropbox ファイルにアクセスできるので、アプリを切り替える必要がありません。

また、Dropbox のファイルを別のアプリで開き、変更を加えると、アカウントに自動で反映されます。

HEIF と HEVC のサポートで共同作業をスムーズに

iOS 11 の機能で一番話題になっている機能の 1 つが、容量効率に優れた HEIF 画像形式と HEVC 動画形式が新しくサポートされることです。Dropbox ではコンテンツの共有が共同作業において非常に重要だと考えているため、弊社でも iOS 11 のリリースと同時にこの新しい形式をサポートします。Dropbox でリンクを作成した HEIF ファイルや HEVC ファイルは、dropbox.com、またはモバイル アプリからデバイスや OS を選ぶことなくプレビューできます。

さらに、用途に最適な写真形式も選択できるようになります。写真をアップロードする際のデフォルトの形式を、互換性に優れた JPG にするか、元のファイルの品質は保ちつつ容量を節約できる HEIF にするかを選択できるようになります。Dropbox でサポートされる新しい HEIF と HEVC 形式の利用について詳しくは、ヘルプセンターをご参照ください。

すでに追加されている Sketch ファイルと広範な RAW 写真のプレビュー機能に加え、iOS の新機能もサポートされることで、日々使っているツールでますます簡単に共同作業に取り組めるようになります。ファイル アプリ、HEIF 画像、HEVC 動画のサポートは、iOS 11がリリースされる米国時間 9 月 19 日から開始される予定です。最新の Dropbox アプリを App Store からダウンロードしてください。

PAGETOP