仕事効率化!MacとWindows間のファイル共有テクニック 3 選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 24

同じパソコンでも Mac と Windows はそれぞれ特徴が異なります。

仕事の関係上、両方を併用しなければならないこともあるでしょう。

そんな時、MacとWindows間でファイルの共有ができると便利です。

本記事では 3 つの方法にスポットを当てて実際のファイル共有までの手順を解説します。用途や環境に見合ったファイル共有をお試しください。

目次

1.Mac と Windows のファイル共有にはこんな方法がある

2.同一 LAN 内にある Mac と Windows のファイル共有方法

3.Dropbox などのオンラインストレージを用いた Mac と Windows のファイル共有方法

4.アカウントがなくても使えるファイル共有サービスを利用する方法

1.Mac と Windows のファイル共有にはこんな方法がある

本記事では Mac と Windows 間のファイル共有方法について 3 つの方法をご紹介します。

1-1.同一 LAN 内にある Mac と Windows のファイル共有方法

これは自宅内、もしくは会社内の同じネットワーク上(LAN)内にある Mac と Windows 同士でファイル共有を行う方法です。サードパーティ製のサービスを一切使うことなく、OS の基本機能だけでファイル共有を実現させることができます。

詳しくは「2.同一 LAN 間の Mac と Windows のファイル共有方法」をご参照下さい。

1-2.Dropbox などのオンラインストレージを用いた Mac と Winodws のファイル共有方法

オンラインストレージサービス「Dropbox」を用いたファイル共有方法です。特徴は、据え置きの Mac と Windows PC だけでなく、遠隔地やモバイル端末とのファイル共有も実現できることです。また、Dropbox でファイル共有する場合、すべての端末が同一のネットワーク上にある必要はありません。さらに、スマホ上でもファイルを確認することができます。

1-3.アカウントがなくても使えるファイル共有サービスを利用する方法

この方法は各種アカウントが不要なのと、ブラウザがあれば共有する OS を問わない点がメリットです。しかし、セキュリティ面に注意が必要な点が弱点といえるでしょう。

詳しくは「4. アカウントがなくても使えるファイル共有サービスを利用する方法」をご参照下さい。

2.同一 LAN 内にある Mac と Windows のファイル共有方法

2 台が同じ LAN 内にあるパソコンの場合、これが最も手軽でコストのかからないファイル共有方法だと言えるでしょう。

この方法のメリットは OS の標準機能で共有することができることにあります。

2-1. Mac OS X と Windows のファイル共有手順(Windows 側)

2-1-1. スタートメニューの「コントロールパネル」をクリック

1

2-1-2. コントロールパネル内の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック

1

2-1-3.「共有の詳細設定の変更」をクリック

1

2-1-4. 下記の項目が有効に設定されているかどうかチェック

  • ファイルとプリンターの共有を有効にする
  • ネットワーク探索を有効にする
  • Windows でホームグループ接続を管理できるようにする

1
もし、有効でない場合は有効にします。

2-1-5. 共有したいファイルを右クリックし「共有」→「特定のユーザー」を選択

1

2-1-6. 共有する相手は「Everyone」を選ぶ

1
共有ユーザーを限定したい場合は、そのユーザーを選んで追加していきます。さらにユーザー毎の「アクセス許可のレベル」を設定することで、読み取りのみなどの保護をかけることもできます。

1

2-2. Mac と Windows のファイル共有手順(Mac 側)

続いて、Mac 側の設定を行います。

2-2-1. システム環境設定→共有を選択

1

2-2-2.「ファイル共有」にチェックを入れる

1

2-2-3.「オプション」をクリック

  • SMBを使用してファイルやフォルダを共有
  • ユーザー名

にチェックを入れ、「完了」をクリック

1

2-2-4. システム環境設定から「ネットワーク」をクリック

1

2-2-5. 「詳細」をクリック

1

2-2-6.「WINS」タブをクリックし、ワークグループ名を Windows 側の名前と統一

1

Windows 側が「WORKGROUP」であればここも「WORKGROUP」と設定します。Windows のワークグループ名が不明の場合は Windows 側でコントロールパネル→システムとセキュリティ→システムの順でパネルを開くことで確認できます。

2-3. 共有の確認

2-3-1. Windows 側の共有フォルダ確認方法

「ネットワーク」を開き、Mac のコンピューター名が表示されます。これをクリックすれば共有フォルダにアクセスできます。

1

2-3-2. Mac 側の共有フォルダ確認方法

一方、Mac 側は「共有」項目に Windows PC のコンピューター名が表示されています。これをクリックすることで共有フォルダにアクセスができます。

1

3.Dropbox などのオンラインストレージを用いた Mac と Windows のファイル共有方法

次に、インターネット接続ができればどこでもファイル共有ができるオンラインストレージサービス、Dropbox を使用した方法を解説します。Dropbox にファイルを保存することによって、Mac と Windows のファイルを簡単に共有することができます。

以下手順にて共有することこができます。

  • 3-1. Mac で Dropbox を利用する方法
  • 3-2. Windows で Dropbox を利用する方法

3-1. Mac で Dropbox を利用する方法

まず、Mac で Dropbox を利用してファイルを共有する手順についてみてみましょう。

3-1-1. Mac 版 Dropbox をダウンロード

1

3-1-2. 必要な情報を入力して、「アカウントの作成」をクリック

1

3-1-3.デスクトップアプリケーションの Dropbox フォルダに共有したいファイルを保存

1

3-1-4. 「Dropbox.comで表示」をクリックし、ウェブ版の Dropbox にログイン

1

3-1-5. 共有したファイルを確認

1

3-2. Windows で Dropbox を利用する方法

続いて、Windows で Dropbox を利用してファイルを共有する手順についてみてみましょう。

3-2-1. Windows 版 Dropbox をダウンロード

1

3-2-2. メールアドレスとパスワードを入力して、Mac 版で作成したアカウントにログイン

1

3-2-3. 共有したファイルを確認できる

1

4.アカウントがなくても使えるファイル共有サービスを利用する方法

Dropbox はアカウントを持っていないと利用できませんが、アカウントがなくても利用できるファイル共有サービスがあります。

ここでは、そのようなファイル共有サービスの一つである firestorage を利用してファイル共有する方法を紹介します。

4-1. ファイルをアップロードする側のパソコン上の手順

4-1-1.firestorage にログイン

4-1-2.「アップロード」をクリック

1

4-1-3.「保存期間」と「パスワード」など必要な情報を設定し、「アップロード」をクリック

1

4-1-4. アップロードしたいファイルを選択

1

4-2.ファイルをダウンロードする側のパソコンの手順

4-2-1. 通知メールに表示された URL をクリック

1

4-2-2. パスワードを入力

名称未設定1

4-2-3. ダウンロードページが表示されるので、「ダウンロード」をクリック

1

Mac では Safari を利用すると、アップロードやダウンロードができないなどの報告があります。その場合は Firefox で試すとよいでしょう。

まとめ

3 つのファイル共有方法について解説してきましたがいかがでしたか。

一般的に URL を介して行う方法は手軽なのですが、きちんとパスワードを設定しないと見知らぬ第三者にファイルやフォルダを見られてしまう可能性を持っています。また、ファイル共有が完了次第ファイルを削除すると安全性を高く保てるのでオススメです。

Dropbox 社員たちの Dropbox の使い方
ebook 無料ダウンロード

Dropbox 社員たちが Dropbox を仕事でどのように使って、仕事効率を上げているのか気になりませんか?
5人の Dropbox たちの使い方をまとめた ebook を無料でご提供させていただきます。
是非ともダウンロードください。
ebook_icon_small

ebookをダウンロード

PAGETOP