Salesforce とのさらなる連携が生み出す新しい共同作業

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

Dropbox は、Salesforce との戦略的パートナーシップを拡充することを発表いたします。このパートナーシップの強化によって、業務のさらなる効率化が可能になり、営業、サービス、マーケティング、販売などのあらゆる部門を超えて、新しい方法で共同作業ができるようになります。

Dropbox と Salesforce は、スムーズな業務を妨げる要素を排除する新しいソリューションを共同開発し、業務のあり方を刷新します。ユーザーの生産性を高めると同時に、スムーズなフローを実現できるよう、まずは以下に挙げる 2 つの取り組みを行います。

Digital Asset Engagement との統合

カタログや保守マニュアルを始めとするクリエイティブ素材は、小売や消費財の業界において重要な資産です。Dropbox と Salesforce のユーザーの皆様には、今後予定されている統合により、こうしたデジタル資産を管理するための強力なツールをご利用いただけるようになります。Digital Asset Engagement ソリューションでは、Salesforce Commerce Cloud および Salesforce Marketing Cloud にロゴ入りの Dropbox ブランドのカスタム フォルダが作成できます。このフォルダには、社内チームと外部パートナーの両方がアクセスできます。双方向のワークフローにより、ユーザーが Dropbox と Salesforce のどちらで作業しているかにかかわらず、コンテンツを最新の状態に保つことができます。

Quip と Dropbox の統合

皆様が日常的に利用しているツールがまた 1 つ Dropbox と連携するようになります。私たちは現在、Quip との統合を開発中です。この統合により、Salesforce 内から直接 Dropbox のコンテンツにアクセスできるほか、Quip のファイルを Dropbox で保存したり編集したりできるようになります。Quip のチームとも協力して、Dropbox Live App を開発します。このアプリを使用することで、Quip 内でリアルタイム更新される Dropbox のファイルにアクセスできるようになります。

これらの統合は 2018 年中に利用できるようになる見込みで、Salesforce AppExchange で現在公開されている Dropbox for Salesforce (Salesforce 向け Dropbox) アプリに追加されます。Google、Apple、Microsoft、Adobe、Facebook などの企業と Dropbox とのパートナーシップの詳細については、アプリ統合に関するブログ記事をご覧ください。

業界ごとの悩み別!!働き方を革新的に変える方法 21 個

本書ではフリーランス、中小企業・ベンチャー企業、建設業界、IT/メディア業界、教育機関などあらゆる業種でどのように Dropbox を活用して、さらに仕事効率を上げて、働き方を変えているのかを紹介します。


内容



  1. ・フリーランスの活躍の場をひろげる、Dropbox Professional

  2. ・中小企業やベンチャーのビジネスを後押しする、Dropbox Business

  3. ・建設現場の働き方を変える、Dropbox Business

  4. ・IT/メディア業界の働き方を変える、Dropbox Business

  5. ・高等教育機関の研究活動を変える、Dropbox Education

  6. ・Dropbox Business をご活用いただければ、現場のコストを低減しながら、働き方を改善できます

  7. ・Dropbox の特長


全 37 ページに貴重な情報が盛りだくさん!!

貴社またはあなたの仕事効率が飛躍的に向上し、さらに成果を生み出すお役に立てれば幸いです。

下の入力フォームに情報を入力して、今すぐダウンロードください。




PAGETOP