Dropbox Japan、テレワークを全面的にサポートするリモート作業向けの機能とツールを発表

バーチャルワークスペース「Dropbox Spaces(スペース)2.0」の
プライベートベータ版を公開

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

2020 年 11 月 18 日 – Dropbox(NASDAQ:DBX)の日本法人である
Dropbox Japan 株式会社(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 五十嵐 光喜)は、本日、コラボレーションのためのワークスペースである Dropbox Spaces(スペース)の次世代製品を発表しました。同時に情報整理や共同作業、場所を問わない安全な作業を可能にする複数の新機能も公開しています。

この発表は、先日のバーチャル ファースト宣言に続くもので、テレワーク態勢への長期的な移行を採用する企業が増える中で、テレワーク革命を包括的にけん引する姿勢を示しています。

テレワークへの突然の移行によって、企業はこれまでになかった課題に直面しています。最近行われた Economist Intelligence Unit の調査(英語)で、テレワークを実践している人は労働時間や作業量の増加、情報伝達ミスのリスク、複数の人との共同作業の難しさを挙げています。Dropbox は、Dropbox Spaces 2.0、複数の新しいワークフロー機能、そして新しいエンタープライズ レベルのセキュリティ機能と認証によって、こうした課題に対処していきます。

Dropbox の共同設立者兼 CEO であるドリュー・ハウストンは次のように述べています。

「Dropbox は設立以来、情報を整理してどこからでも作業できるツールとしてお客様にご好評いただいています。現在私たちが経験しているテレワークへの急速な移行は、たとえパンデミックが終息したとしても続いていくでしょう。この移行によって多くの柔軟性と可能性が創出されましたが、その一方で新たな課題も生まれており、Dropbox はこうした課題を解決できる立場にいると思います。バーチャル ファーストというアプローチを採用することによって、私たちはこの新しい環境に対応する優れた製品を開発できると考え、今回の製品発表に至りました」

Dropbox Japan 株式会社 代表取締役社長五十嵐 光喜は次のように述べています。

「日本では DX の重要性が叫ばれる昨今ですが、テクノロジーが浸透するための真の鍵は、シームレスな使い勝手の良さだと考えています。私たち Dropbox は、約 6 億人 Dropbox 利用者のフィードバックを得ながら、また、テレワーク体制を基本とする”バーチャル・ファースト”体制を通じて、さらに優れた使用感の製品を開発・提供することで、生産性の高いスマートな働き方を提案していきます。今回発表する Dropbox Spaces 最新版や新しいワークフロー機能、そして新しいエンタープライズ レベルのセキュリティ機能を通じて、日本のデジタルシフトに貢献していきます」

IDC のソーシャル/コラボレーション担当研究主任ウェイン・カーツマン氏は次のように述べています。

「この新機能はリモートでの共同作業を効率化し、ガバナンスとコンプライアンスを強化します。コミュニケーションとチームワークをスムーズに進められるため、働いている場所を問わず、チームの連携と生産性を維持できます」

Dropbox Spaces 2.0 で
チームのコラボレーションを強化

Dropbox はチームとプロジェクトを 1 つにするバーチャル ワークスペース Dropbox Spaces の新バージョンを発表しました。同製品では、昨年策定された Dropbox Spaces のビジョンに従い、チーム作業の効率化、日々の作業の優先順位付け、仕事を円滑に進めるためのチーム連携が可能となりました。Dropbox Spaces は当初、進化した共有フォルダとして導入されましたが、現在ではプロジェクトの開始から完了まで、社内外の相手との共同作業を可能にする独立した製品となりました。Dropbox Spaces では、人気の高い Dropbox の共同作業機能がすべて 1 か所に集約されており、チームが共同でプロジェクトを管理することができます。主な機能は次のとおりです。

プロジェクト Space
プロジェクト Space を作成して、社内チーム、外部クライアント、コンテンツ、タイムライン、プロジェクト タスクを 1 か所に集約、整理できます。進捗状況を直感的に把握できる環境でプロジェクトを円滑に進めながらチームでアイデアを出し合い、共同作業を行うことが可能になります。

タスク
やるべきことに優先順位を付けてプロジェクトを円滑に進められます。複数のプロジェクトにわたるタスクの作成、管理、割り当て、コメント入力が可能です。関連するタスクにプロジェクト ファイルを添付して、自分だけの To-do リストを管理できます。

コンテンツ
関連するプロジェクト情報をすばやく検索、追加、管理できます。Dropbox Spaces にファイル(従来のファイル形式や、Google ドキュメントなどのクラウド コンテンツなど)を簡単に直接追加でき、プロジェクト全体からファイルを検索できます。

ミーティング
Dropbox Spaces から簡単に会議への参加、開催、フォロー アップができます。議題、アクション アイテム、参加者などの重要な情報をカスタマイズ可能な会議用テンプレートにまとめ、議事録をプロジェクト Space に直接追加することができます。議事録はカレンダーの招待に自動で同期されるため、全員が常に同じ情報を共有できます。

アップデート
共有されたチーム ビューで、作業中のプロジェクトやプロジェクトの更新情報を把握できます。最新情報フィードの投稿にファイルを添付し、コメントにテキスト、絵文字、ファイル リンクなどで返信ができます。

Dropbox Spaces 2.0 は現在、プライベート ベータ版として公開されています。アクセス権をリクエストするには、こちら(英語版ウェブサイト)をクリックしてください。

場所を問わない生産性

チームが作業を円滑に進められるよう、Dropbox Business の複数の機能を強化しました。主な機能は次のとおりです。

App Center
Dropbox App Center に 30 を超える新しいアプリが追加され、Dropbox パートナーが提供する 70 以上の優れたツールを選択のうえ連携できるようになりました。(現在、ベータ版として一部の Dropbox Business Standard および Advanced ユーザーに公開)

ブランデッド共有
新しい拡張機能により、企業のブランド イメージ確立をサポートすると共に、チーム メンバーが管理者の許可を受けてブランドをカスタマイズできるようになりました(現在、Dropbox Business Advanced 以上のユーザーに公開)

トラフィックとインサイト
共有したデータへのアクセス状況を追跡できます(現在、Dropbox Business Advanced 以上のユーザーに公開)

フォロー機能
重要な共有フォルダのアクティビティを常に把握できます(現在、すべてのユーザーが利用可能)

パソコンのバックアップ
デスクトップ、ドキュメント フォルダ、ダウンロード フォルダを Dropbox に自動でバックアップ。外出先から安全にアクセスし、ハードウェアの故障や紛失時でも簡単にデータを取り出すことができます(すべての Dropbox Business プランで利用可能)

Dropbox Passwords(ベータ版)
チーム メンバーは 1 つの安全な場所にパスワードを保管し、デバイス間で同期して、どこからでもアクセスできます(一部の Dropbox Business プランのユーザーに先行アクセスで公開)

また本日より、HelloSign ではドキュメントのアップロード、書類の準備、署名依頼の手順がわかりやすく示された新しいワークフロー体験をすべてのユーザーに提供しています。今回の改善によって、重要な契約書への電子署名依頼をさらに簡単に完了できるようになり、企業の「脱ハンコ」による生産性向上を後押しします。

自宅でもオフィス水準のセキュリティを維持

また、Dropbox は複雑なリモート環境を管理しつつ社員のプライバシーとセキュリティを維持できるよう、複数の新しいセキュリティ機能を発表しました。主な機能は次のとおりです。

アラートと通知
管理者が、疑わしい挙動、リスクの高いアクティビティ、データ漏洩の可能性をリアルタイムで検知できます

データ分類
個人情報保護について優れた予防策が取れるよう、管理者が個人データと機密データをラベル付けできます

チーム外共有レポート
誰が、いつ、どの種類のファイルを共有しているかなど、社外へのデータ共有状況について管理者にインサイトを提供します

データ保持機能
規制によって一定期間保持することが求められているコンテンツをユーザーが誤って削除してしまうことを防ぐため、データ ガバナンス機能として Dropbox に追加されました(現在、 Dropbox Business Enterprise チームが追加購入可能)

IT管理を担当する方でご関心がある方は、今すぐこれらのセキュリティ機能のベータ版(英語)に登録していただくことができます。

さらに Dropbox は、ISO 27701 認証、Cloud Security Alliance GDPR 行動規範、NIST 800-171 コンプライアンスといった複数の新しいプライバシー/セキュリティ規格への準拠と、FDA 21 CFR Part 11 コンプライアンスへの対応を発表しました。これらの認証は、Dropbox が厳重なエンタープライズ向けセキュリティ基準を満たしていることを証明します。

世界中の企業がテレワーク環境に順応していく中で、Dropbox はそうした企業を支えるテクノロジーの開発に最前線で取り組み、チームのコンテンツを 1 か所にまとめて共同作業できる場所を提供していきます。Dropbox Spaces について詳しくはこちらを、また、その他のリモート チーム向けの新機能についてはこちらをご参照ください。

以上

Dropbox Japan について
Dropbox はプライベートと仕事、それぞれのコンテンツをわかりやすく整理し、生産性を維持できる場所を提供します。Dropbox の製品は、よりスマートな働き方を実現するために開発され、現在 180 か国以上で 6 億人を超える方々に愛用されています。米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、世界各地 12 か所にオフィスを構えています。Dropbox の使命と製品については、dropbox.com をご覧ください。

Dropbox Japan は、Dropbox の日本法人です。詳細は、 https://www.dropbox.com/ja/business または http://navi.dropbox.jp/ をご覧ください。