Dropbox Paper さえあればオフィスいらず!?

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 6

Lullabot の顧客事例に関する Dropbox Paper ドキュメントのスクリーンショット

Lullabot という会社に聞き覚えがなくても、そのクライアントに名を連ねる有名企業の名前ならきっとご存じでしょう。

たとえばゼネラル・エレクトリック、NBC、ハーバード大学、グラミー賞主催者。これまで名だたる企業や団体が Lullabot のウェブ デザインと開発の専門知識を頼りにしてきました。

クライアント各社に比べれば、Lullabot の活動はあまり目立つものではありません。オフィスがないので、55 人の社員は米国内のあちこちから常にリモートで仕事をしています。それでも彼らは求められる仕事をこなし、それ以上の成果を上げています。Lullabot が MSNBC のウェブサイトを一から構築し直したとき、ある編集長はこのように評しました。「幹部チームからは、「長いビジネス キャリアの中で最も満足のいく成果だ。こんな経験は何度もできるものではない」という声を聞きました。」

では、この小さなリモート チームは、Syfy.com のようなマルチメディア満載のサイトをどのようにして構築し、あらゆるプラットフォームやデバイスに合わせて調整しているのでしょうか。「それは何より、当社の社員がいるからです」と、創業者の 1 人でもある CEO のマット・ウェストゲイト氏は胸を張ります。

「他社と違って決まったオフィスがないので、情熱と才能のあふれる謙虚な人であれば、どこに住んでいてもチームに参加してもらうことができます。労働力の分散化を地で行こうとしているのは、それが優れた仕事につながると考えているからです。」

Lullabot のバーチャル オフィス空間

もちろん、この作業スタイルに問題がないわけではありません。「廊下に出て誰かとおしゃべりできないということは、それだけ余計に率先してコミュニケーションを図らなければならないと言うことです」とウェストゲイト氏は述べています。Lullabot が Dropbox Paper を利用している理由はそこにあります。

「Paper は Lullabot の原動力そのものです。単なるツールではなく、共同作業の壁を取り払って、当社の企業文化を形にしたものと言えるでしょう。」
— マット・ウェストゲイト氏、Lullabot CEO 兼共同創業者

Paper は Lullabot のバーチャル オフィス空間のようなものです。「文書にコメントする機能や、他に参照しているメンバーを確認する機能があり、重要な情報をプッシュ通知することもできるので、コンテンツ管理システムとして Paper に勝るものはありません」と話すのは、COO のセス・ブラウン氏です。

楽しく仕事ができるのも Paper の良いところです。「ここは太字、ここにはハイライトを付けて、この部分には修正指示を入れて、とか。私たちの作業は繰り返しが多いんです」と、シニア UX デザイナーのマリッサ・エプスタイン氏は説明します。「だから、あちこちに面白いコメントも付けますよ。笑って仕事ができれば、続けられるじゃないですか。ね、楽しそうでしょ。」

ジャンルを超えたクリエイターたちの共同作業

もちろん、おかしな絵文字のやり取りが仕事のすべてではありません。Lullabot のプロジェクトは、たいていクライアントから提案を依頼されるところから始まります。引き受ける仕事がクライアントごとに異なり、しかも内容が複雑なので、文書は長くなりがちです。たくさんの関係者から情報を集める必要もあります。Lullabot では、Paper でプロジェクトを立ち上げるのが決まりになりました。「Paper が自動で作成した wiki を使ってタスクを割り当てることができるので、作業が前よりずっと楽になりました」とブラウン氏。

細部まで検討を終えたら、Lullabot がクライアントの目標に沿っているかどうか確かめるために、ユーザー調査チームが仕事に取りかかります。調査員、デザイナー、開発者が Paper を使って共同作業し、ユーザー インタビューの書き起こしや InVision ファイルをやり取りして、ウェブサイトのアーキテクチャ図を完成させ、サイトを演出するコードを作成して、設計の手直しに対応します。

「Paper のインターフェースは、私たちの仕事のやり方に通じるものがあります。飾り気も余計な機能もありませんが、本当に重要なポイントに気づかせてくれるのです。もう手放せません。」
— マギー・グリナー氏、シニア UX デザイナー

Lullabot のプロジェクトで Paper を利用しているのは社員だけではありません。「Paper の良いところは、クライアントにすぐ使っていただけることです」と言うのは、クリエイティブ ディレクターのジャレド・ポンチョ氏です。「招待のリンクを送るだけですから。使えば使うほど新しい発見があるツールなのに、お客様は Paper を開くなり、「これはとてもわかりやすいですね」とおっしゃいます。今まで試したどのツールよりも評判がいいんですよ。」

重要な課題に集中できるツール

Paper の真価は、Lullabot の人材と専門知識を集約して、チームが最高のパフォーマンスを発揮できるところにあります。Paper は、InVision のファイルから GitHub のイシューまで、あらゆるものを一元管理できるワークスペースです。Slack と統合されているので、設計者や開発者は余裕を持って作業することができます。

シニア デベロッパーのクリス・アルブレット氏はこう語ります。「Paper を使えば、どんな作業のときでも、キーボードに指を置いたまま会話に集中できます。ウィンドウを何度も切り替える必要はありません。コンテキストの切り替えが少なくなるのは、ありがたいですね。」

グリナー氏は、PDF に頼っていた頃の大規模なプロジェクトを振り返って、Paper があれば不要だった余分な作業が 25 % くらいあると見積もっています。他のチーム メンバーからも、Paper のおかげで週に何時間も節約できているという声が聞かれます。

「時間が短縮できているのは間違いありません」とポンチョ氏は断言します。「でもそれだけで効果を正当化できるわけではありません。Paper は共同作業に臨む私たちの考え方を変えてくれたのです。まず、付箋のようなメモ代わりの役割を持ち、一番重要なポイントを浮き上がらせてくれます。そして、後々、正式な文書としても使えるのです。どんな人にもぴったり合った、これぞ正統派のツールです。」

メンバーがどこにいてもチームの連携を深めることができる Dropbox Paper の詳細については、dropbox.com/paper をご覧ください。

Dropbox 社員たちの Dropbox の使い方
ebook 無料ダウンロード

Dropbox 社員たちが Dropbox を仕事でどのように使って、仕事効率を上げているのか気になりませんか?
5人の Dropbox たちの使い方をまとめた ebook を無料でご提供させていただきます。
是非ともダウンロードください。
ebook_icon_small

ebookをダウンロード

PAGETOP