建設業界でスマート テクノロジーを活用するための 4 つのヒント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

建設会社が将来にわたって繁栄し続けるための鍵は、自信をもって提供できるプロジェクトを作成できるかどうかにあります。

しかし人材不足や製造コストの高騰によって、それも少しずつ困難になってきました。突き詰めれば、「どうしたら利益性を損なうことなく、優れた仕事ができるのか」という問いに行き着きます。スピードを優先するあまり、品質を落とすことは許されません。

こんなときは、スマート テクノロジーを活用しましょう。入札から竣工までの全行程で、作業時間を短縮したり、課題を解消できるはずです。今日は、そんなスマート テクノロジーの 4 つの活用法をご紹介します。

入札から竣工まで

1. 柔軟性を競争力にする

新システムに慣れるのは大変かもしれません。RFP の統合にも時間がかかります。しかし、柔軟性を得る価値は大きいのです。テクノロジー ソリューションを活用すると、これまでの入札プロセスを刷新して、手続きを 3 時間から 30 分に短縮できます。

「建設会社は、顧客側で起きている RFP プロセスの変化に対応しなければなりません。難しく思えるかもしれませんが、社内プロセスを刷新した企業はより柔軟な対応ができるようになり、高い競争力が得られるでしょう。」
—2017 Engineering and Construction Trends、PwC1

2. 頻繁にコミュニケーションをとる

共に働く人々を集め、各自の間に強力な関係を築ければ、職場環境はより良いものになります。リアルタイムの共同作業ツールを導入することで、チーム メンバーがどこにいても入札の書類にすぐにアクセスし、内容の確認や編集が可能になるので、プロジェクト全体でメンバー全員が緊密に協力できるようになります。

デジタルに移行すれば、書類の山や大きなバインダーは過去のものとなるでしょう。それだけでなく、不要なやり取りがなくなってコミュニケーションがスムーズになります。社員は良い仕事ができているという手応えも感じられるので、共同作業は仕事に対する満足度も高めます。

物理的な鍵よりも便利で安全

3. モバイルに移行してアクセス性を高める

データはモバイルから簡単にアクセスできるようにすべきですが、悪意ある人間からは絶対に守らなければなりません。モバイル デバイスを使えば、現場、クライアントとの打ち合わせ中、オフィスなど、どこにいてもファイルに簡単にアクセスできるようになります。

建設業界で働く人々を対象とした調査で、仕事でモバイル機能が重要だと回答した人は 2012 年から 2016 年にかけて 20% も増加しました….2

4. あらゆる段階にセキュリティを取り入れる

Okta のような ID 管理ツールを導入することで、社内外のユーザーのアクセス管理や権限管理が簡単になります。Dropbox と Okta の統合により、プロジェクト データの安全を維持したまま、社員はファイルをローカルのドライブに保存したり、大容量ファイルを社外パートナーと共有できるようになります。3

「Okta を使って Dropbox へのアクセスを管理できるようにしたことで、社員と外部の協力会社がデジタルに移行できるよう後押しできました。業務全体のデータ ポイントにもアクセスできるようになったので、最大限のインテリジェンスを基に企業の決定を下せるようになりました。」
– ヴィブハ・ゴア氏、ハワード ヒューズ コーポレーション シニア IT ディレクター

基礎を固める

テクノロジーを活用すれば、建設プロジェクトの課題を解消し、利益性を高めることができます。Dropbox を活用してプロジェクトをスムーズに進める方法については、無料の電子ブック「Build Smarter With Tech」をダウンロードしてご覧ください。

1 「2017 Engineering and Construction Trends」、2017 年
2 「The 5th Annual Construction Technology Report」、2016 年、JBKnowledge
3 「Okta との統合」、2017 年、Dropbox

PAGETOP