新しい管理ツールでチーム管理がより簡単に。社内データもさらに安全に保護できます。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

20 万社以上の企業が、重要なデータの格納先に Dropbox Business を選択しています。ますます多くの人が、リモート環境からあらゆるデバイスを使って仕事をするようになるにつれ、社内データへのアクセスを継続して管理することの重要性が以前にも増して高まっています。本日は、そうしたニーズに対応するための Dropbox の新しいツールをご紹介します。これらのツールは、ユーザー主体の設計アプローチを管理者エクスペリエンスに採り入れる、AdminX イニシアティブの 1 つです。新しいツールにより、ユーザーをより強力に管理でき、Dropbox の利用状況をさらに詳しく把握することができるようになります。

新しくなった管理コンソール:刷新されたデザインでチーム管理をよりシンプルに

チームが拡大しグループが細分化されていくと、管理がどんどん複雑になり、時間がかかるばかりです。でも、新しいツールなら、チームが拡大しても管理はシンプルに行えます。管理コンソールのデザインが刷新され、ユーザー エクスペリエンスがよりシンプルになったことで、チーム管理が今まで以上に簡単になります。CIO の方にとってはより安全で、チーム管理者にとってはより使いやすいツールになるでしょう。新しいツールの使い方がわからず戸惑うこともないため、本来業務により注力できます。新しい管理コンソールを利用するには、先行アクセスにご登録ください。

ウェブ セッション管理:社内データへのアクセスを管理チームメンバーは、VPN に接続しなくても、あらゆるブラウザから自由に Dropbox のデータにアクセスできます。しかし、自由なアクセスは時としてリスクを招きます。ウェブ セッション管理はそうしたリスクを回避し、dropbox.com 上のデータを常に安全に保護するための管理者向けの機能です。管理者は、メンバーが dropbox.com にログインした状態でいられる時間を設定することができます。この機能は、Dropbox Business の Advanced、Enterprise、および Education プランをご利用中のお客様向けに本日より提供されます。
パスワード管理:社内データを保護 ユーザーのアカウントが危険にさらされる要因としてもっとも多いのが、脆弱なパスワードです。この問題に対処するために、Dropbox では、単語、名前、パターンなどのデータベースとパスワードを照合してその堅牢さを測定する機能を提供します。この機能では、管理者があらかじめパスワードのパラメーターを設定しておくことで、推測されにくいパスワードの設定をチームメンバーに要求することができます。パスワード管理機能は先行アクセスにて間もなく提供されます。
サブドメイン認証:大規模な導入における柔軟性を向上大規模なビジネスを管理するために、サブドメインを使用している企業も多いのではないでしょうか。そうした状況に対応すべく、既存の個人アカウントを企業のアカウントに選択的に取り込むことのできる機能をご紹介します。この機能では、会社用 Dropbox アカウントにアクセスできるサブドメインをよりきめ細かく制御することができます。サブドメイン認証は現在、Dropbox Business の Advanced、Enterprise、および Education プランをご利用中のすべてのお客様向けに公開されています。

Dropbox では、これらの新機能をはじめ、管理者にとって使いやすく、チームの共同作業をさらに効率化できるツールを今後も提供することで、お客様のビジネスを継続的にサポートしていきます。早速管理コンソールにアクセスして、新機能をご利用ください。

Dropbox 社員たちの Dropbox の使い方
ebook 無料ダウンロード

Dropbox 社員たちが Dropbox を仕事でどのように使って、仕事効率を上げているのか気になりませんか?
5人の Dropbox たちの使い方をまとめた ebook を無料でご提供させていただきます。
是非ともダウンロードください。
ebook_icon_small

ebookをダウンロード

PAGETOP